出雲街道を歩こう > 大山道トップ > 岡山県の大山道

岡山県の大山道

岡山県南大山道ダイジェスト(総社市・岡山市)
 【総社市→岡山市】
 山陽道沿いの吉備国分寺からダイジェスト版としてご紹介します。
 歴史に恵まれた足守や大井の町は必見です。
岡山県南大山道ダイジェスト(吉備中央町)
 【吉備中央町】
 吉備高原らしい地形の中をひたすら北上していきます。
 加茂市場以北の県道66号沿いには多数の大山道道標が見られます。
岡山県南大山道ダイジェスト(真庭市)
 【真庭市】
 県北部の平坦地に出て、鹿田、落合、そして久世を目指します。
 備中川や旭川の谷では、現在の国道と違ったルート沿いに史跡が続きます。
久世から三坂峠へ
 【真庭市】
 岡山県最大の牛馬市が開かれていたのが久世です。
 古道らしさをよく残した三坂の集落を経て、三坂峠の長い峠道に入ります。
三坂峠から禾津へ
 【真庭市】
 三坂峠を下り、釘貫、小川、土居と昔の面影を残す集落を辿ります。
 たたら製鉄と山中一揆という地域の歴史の話題も豊富です。
禾津から藤森へ
 【真庭市】
 ホウソ坂と呼ばれる峠を越えて旧二川村に入ります。
 沿道の各集落ではそれぞれの歴史がひっそりと残されています。
藤森から延助へ
 【真庭市】
 大山遙拝の場となっていた鳥居ヶ乢で大山と対面します。
 郷原と延助とかつて大いに発展していた大山道の要所です。
延助から内海乢へ
 【真庭市】
 地形の変化とともに変化を見せる自然風景が印象的な道です。
 県境の峠道ではありますが、意外に道標などの史跡も豊富です。
▲ページトップ
inserted by FC2 system