「出雲街道を歩こう」総合トップ > 大山道トップ > 延助から内海乢へ
延助から内海乢へ
   
延助からは岡山県の最終コースとなりますが、残りの区間における大山道は一般的な地図で道路扱いされていない道がほとんどです。延助の東の入口の国道482号沿いにある徳田コミュニティハウスには「大山みち散策コース案内図」がありますので、その内容をしっかり理解してから歩くようにしましょう。
延助から先の大山道は延助の宿場町の中央付近から北に入って国道を横断し、付近に題目塔のある5502の写真の交差点からさらに北へ向かいます。

5501.徳田コミュニティハウス
 
5502.ここを右(北)へ
>拡大画像 大山みち散策コース案内図
北の山が迫るところにある5503の写真の分岐では墓地や地蔵堂が見える右側(東側)へ曲がります。その墓地を過ぎたところで舗装がなくなります。

5503.墓地と地蔵堂の方(右)へ
 
5504.ここからは山道
●川上坂の最初の上り坂
延助から県境へと上る道は川上坂と呼ばれますが、その最初の上りは細い谷の沢の流れがそのまま道になったような姿で、大きな石が多数転がっているので、足元に注意が必要です。今は人の通ることのないこの道ですが、「蒜山ガイドクラブ」の皆様が5505の写真に写っている丸太の橋を設置するなどして、保全活動に努めてくださっています。延助から内海乢までの間は「蒜山ガイドクラブ」の皆様のお力がないと歩けないような状態の箇所が多く、その活動には大いに感謝しなければなりません。

5505.川上坂最初の上り坂
 

5506.石の転がる谷の道
 
5507.山道は続く
●津山伊勢道標
山道の途中に立派な道標があります。「左ハむら道 右ハつ山いせ道」と刻まれていて、右の方だけ指の絵が付いています。左の「むら」は延助のことだそうですが、その道は現在では草木に埋もれてしまっているローカルな道で、大山方面から来た旅人に対して「右に進め」ということが強調された道標と言えます。大山道では「伊勢」という遠い地名が案内されている道標は珍しいですが、大山道は山陽側の人が大山を目指すための道というだけでなく、山陰側の人が上方、そしてお伊勢参りに行くのにも利用された道でもあることがわかります。また、ここにはより小さな道標や首のなくなった地蔵もあります。

5508.津山伊勢道標
 
津山伊勢道標で坂らしい坂は終わり、ほぼ平坦になります。写真ではわかりにくいですが、単なる山道と違って、明らかに人工的に道が造られていたり、人だけでなく重量がある牛馬が多く通行したことで道がくぼんでいたりしていることが現在でもよくわかる部分が多いのがこの付近の道の特徴です。

5509.よく見れば人工的な山道
 
日陰の山道を出ると、鳩ヶ原の高原地帯に入りますが、その入口のほんの10mほどは雑草がよく伸びています。短いので強行突破していくと農道に出て、その付近で東の方を振り向けば、いかにも蒜山高原らしい風景の中、蒜山三座が見えます。大山道の中でも随一の蒜山ビュースポットと言えるでしょう。

5510.ここを強行突破すれば…
 
5511.蒜山三座が見事
鳩ヶ原は多少の起伏はあるものの、ほぼ平地となっていて、久世を出てから最も広い平地ではないかと思うほどです。しかし、河川のある谷筋ではないため水田を作ることはできず、野菜が栽培されています。蒜山と言えばジャージー牛が有名ですが、野菜の生産も盛んな場所で、最も目立つのは蒜山大根です。5513の写真に見られるように、鳩ヶ原ではいくつかの交差点があり、どれを進むべきか迷いかねませんが、ミスコースの恐れがあるような交差点には「蒜山エコツーリズム」による案内標識があるので、それを頼りに進みましょう。

5512.大根畑の中を行く
 
5513.こんな交差点は標識を見よう
鳩ヶ原に出て1kmほど、その眺めはますます良くなります。左前方に見えるなだらかな山は米子道の県境のトンネルが貫く三平山。近くには広大な牧草地や畑が広がります。あえて小さい写真で紹介しますので、その眺めは現地で楽しんでいただきたいものです。

5514.三平山を見ながら
 
5515.広大な牧草地や畑

5516.今度はキャベツ畑
 
●野中地蔵
鳩ヶ原の高原地帯の真ん中あたりに天明8年に建立された野中地蔵があります。天明の大飢饉の供養のために建てられた地蔵だそうですが、施主として延助の人と並んで石州、すなわち島根県西部の人の名前が刻まれています。山陰地方から山陽地方へ出る道として、出雲街道だけでなく大山道も利用されていた証拠の一つと言えます。

5517.野中地蔵
 
>拡大画像 野中地蔵の案内板
●鳩ヶ原からの大山
野中地蔵を過ぎた辺りから、大山がよく見えるようになります。手前の尖った山は烏ヶ山、大山の下に見える平べったい低山は城山。全く異なった三者三様の形状の山がどのように生まれたのも興味深く、その見え方の変化がこれからの楽しみです。

5518.大山は霞んでいますが…
 
5519の写真の地点で道の舗装が切れますが、ここで右折してまた山道へ下っていきます。ここから先は時季を選ばなければ草に埋もれてしまっている道で、道筋すらもはっきりしません。特に難所は5521の写真の付近で、背丈ほどの高さがあり、しかも棘のある草をかき分けて進まなければなりません。私は1カ月前に「蒜山ガイドクラブ」の「大山古道トレッキングツアー」に参加してGPSの記録も残し、記憶もはっきりしているうちに来たので、強行突破しても不安はありませんでしたが、正直、初めての方や道の状態が悪いときは5519の写真の地点で折り返すのが良いと思います。「蒜山ガイドクラブ」の「大山古道トレッキングツアー」に参加するか、その開催直後に歩くのが無難でしょう。

5519.ここは右ですが…

5520.こういう状態になるので…

5521.進まないのが無難
5521の写真の箇所を抜け、その先の案内標識に従って左折すれば道の状態は少し良くなりますが、まだまだ歩きやすいとは言えない道を緩やかに上っていきます。平坦な天然林に入ると雑草は低いものしかなくなり、気持ち良く森林浴が楽しめるような道になりますが、道筋を見失わないようには注意が必要です。案内標識は所々にありますが、森の中で人の歩く道を見分けていくというちょっとした技術が必要です。

5522.多少はマシな道に
 
5523.美しい森の中の大山道
●鳥取大学演習林の土塁
美しい森の中を進んでいくと、鳥取大学の演習林に入ると間もなく高さ1.5mほどの土塁が行く手を遮り、それを越えて進みます。県境まではまだもう少し距離がありますが、ここは歴史的に岡山県側が管理している土地と鳥取県側が管理している土地の境界だったと考えられます。すぐそこが鳥取県なのに、鳥取大学の演習林が岡山県のこのような場所に存在しているのもそのような歴史的経緯によるものでしょう。土塁を越えると左折し、最初の作業道に出るところには大木の下に演習林の小さな社もあります。なお、ここからは教育と研究のための演習林であるため、看板にあるような注意事項を厳守しなければなりません。山歩きと言えば山野草を採ったりするのも楽しみ方の一つですが、蒜山から大山にかけてはその多くの区間が大山隠岐国立公園の区域内であるため、ここに限らずマナー遵守で歩いていただくようお願いいたします。

5524.山中の境界線
 

5525.鳥取大学演習林へ
 
5526.小さな社が祀られている
>拡大画像 鳥取大学演習林内の注意事項
●鳩ヶ原の道標
右折で作業道に入り、次の作業道同士の交差点には岡山県側最後の道標があります。この道標は野中地蔵と同じ天明8年に立てられ、道標メインで地蔵が彫られたタイプです。先述した津山伊勢道標もそうですが、このように人家も全くない場所に古い道標が残されているのは大山道の大きな特徴と言えます。大山牛馬市の日本遺産指定を受けて大山道もようやく脚光を浴び始めましたが、大山道が「牛馬の道」としての使命を終えてから、別の意味で再び注目されるようになるまでの長い間、このような山の中の忘れ去られていても仕方のないような史跡が守られてきたのは、大山道が地元の道として細々と生き続けてきたおかげと言えるでしょう。

5527.左 大山道
 
道標のある交差点を左折すると、またすぐに別の作業道に出会いますが、ここは直進で山道に入ります。谷まで下っていくと、5529の写真の地点で左折します。ここには標識がなく、1カ月前に同じ道を歩いた私も一瞬迷ったという要注意箇所です。

5528.直進の山道へ

5529.ここは左へ
●竜王池跡と川上地蔵
山道の途中で左の谷に下れる箇所があり、そこを下れば旭川の源流となる竜王池の跡があり、地蔵堂に川上地蔵が祀られています。湯原、勝山、久世、落合そして岡山と旭川流域の人々の利用が多かった大山道沿いにおける源流の地に、その水恩に感謝して建立されたものです。周囲にはシダが生い茂ってジメジメしており、かつては池になっていたことが想像できます。

5530.川上地蔵
 

5531.池の跡はシダだらけ
 
>拡大画像 竜王池跡の案内板
川上地蔵から大山道に戻ってさらに進めば、周囲は人工林に変わります。よく手入れされて美しい状態ですが、逆に道筋がわかりにくくなっています。5528の写真の地点で左折して緩やかな上り坂になり、5533の写真の地点でまた左折しますが、写真で見てもよくわからないと思います。この辺りは先述した鳩ヶ原の高原地帯を抜けた先とは別の意味で、初めて訪れる人には通過困難な場所で、やはり「蒜山ガイドクラブ」の「大山古道トレッキングツアー」に参加するのがオススメです。

5532.この辺りで左へ

5533.また左へ
周囲が天然林に戻るとまた作業道に出て左折します。ここでも作業道を歩く距離はわずかで、5535の写真の地点でまた右折します。いずれも標識がありますので、道を間違える心配はありません。

5534.作業道に出て左へ

5535.ここは右へ
●大王の松
5535の写真の地点から山道に入ったところに大王の松があります。現在は枯死してしまっていますが、森の中でも十分に目立つ巨木にして、あちらこちらに伸びたその枝ぶりが印象的です。大山道を歩く旅人にとっても目印になっていたとともに、地元でも神木として祀られてきた木です。

5536.大王の松
 
>拡大画像 大王の松の案内板
大王の松を過ぎれば鳥取県はもうすぐです。5537の写真の階段を上ればアスファルト舗装の道路に出ますが、この道は県境をなぞるようなルートになっている林道で、一般的な地図でも道路扱いされている道路です(ただし、国道482号から入る地点にチェーンが張られ、一般車両は進入不可)。ここから先の古道は歩けるような状況でなく、入口すらよくわかりません。たとえ無理に進入したとしても、国道482号のバイパス整備によって途中で道が完全に切れているのは間違いないので、ここは林道を南下して国道に出ます。

5537.階段で舗装道路へ
 
5538.林道で国道へ
●内海乢
国道482号に出た地点がちょうど県境の内海乢です。とは言え、林道から来ると、西から国道に合流することになるため、見ることになる県境の案内標識は「岡山県」で、当然、Uターンするような形で進んでいきます。県境は交差点になっており、東が蒜山方面への国道、南が俣野方面への広域農道、そして西が江尾方面への国道バイパスと現道ですが、ここでは左(南)にある現道を選びます。

5539.西から県境へ
 

5540.Uターンの形で西へ
 
5541.中央の国道(現道)へ
「地域の皆様とともに」コーナーの「春の大山古道トレッキングツアー」もあわせてご覧ください。 
<< 藤森から延助へ 内海乢から御机へ >>
●地名、人名等の読み方
 ・内海乢=うつみたわ
 ・鳩ヶ原=はとがはら
 ・三平山=みひらやま
 ・石州=せきしゅう
 ・烏ヶ山=からすがせん
 ・俣野=またの
 ・江尾=えび

●参考資料
 小谷善守「昭和40年代にたどった大山道」 
取材日:2017.6.22
▲ページトップ
inserted by FC2 system