「出雲街道を歩こう」総合トップページ > 大山道トップページ
中国地方の最高峰である大山は、大山寺などの寺社が広く信仰を集めるとともに、日本最大の牛馬市も開かれ、人々が集う場所でもありました。その大山への「信仰の道」「牛馬の道」として多くの人々の往来があったのが大山道です。鳥取県西部や岡山県北部に「大山道」と呼ばれる道はいくつもありますが、それぞれ豊かな自然や歴史に恵まれた道です。大山を目指して、古来からの大山道を歩いてみましょう。
岡山県の大山道
久世→三坂峠 三坂峠→禾津 禾津→藤森 藤森→延助 延助→内海乢
         
鳥取県の大山道
[横手道] 内海乢→御机 御机→大山
         
当サイトのメインコンテンツ。
姫路(播磨国)から津山(美作国)や米子(伯耆国)を経て、松江(出雲国)に至る旧街道をご紹介しています。
▲ページトップ
inserted by FC2 system