トップページ > 出雲街道の道のり > 1.姫路から飾西へ
1.姫路から飾西へ
●姫路
出雲街道歩きのスタートは姫路。姫路と言えば、何と言っても世界遺産の姫路城ですので、姫路駅北口から正面へ約900mの姫路城前交差点からスタートすることにします。姫路城は私などがご紹介するまでもない場所であり、数多くの見どころに立ち寄っていると最初から話が前に進まなくなってしまうので、ここは先に進ませていただきます。

1101.姫路城前交差点付近から見る姫路城
>拡大画像 姫路城の案内板
出雲街道は姫路駅や姫路城から4〜5kmほど西にある下手野地区または青山地区で西国街道(山陽道)から分岐するので、まずは西国街道に入るべく大手前通りを南下します。ビルが建ち並ぶ都会的な景観であり、歩行者の交通量も多いですが、これから歩いていく出雲街道では終点の出雲大社に至るまで、これほどの大都会は二度と登場しません。

1102.歩道も広い大手前通り

1103.国道2号を横断
国道2号の一つ南の交差点が現在の大手前通りと昔の西国街道の交差点にあたり、案内看板によると、ここにはかつて「国府寺家本陣」があったそうです。ここから西へ向かう西国街道沿いにもかつてかなりの屋敷が建ち並んでいたそうですが、今はその面影もほとんどありません。姫路城の堀である船場川を渡るまで直進すると、県道62号にぶつかり右折します。旧街道の道筋は厳密に言うともう少し直進してから右折ですが、県道と国道2号をうまく渡れる場所がありません。

1104.姫路城下の西国街道

1105.船場川を渡って右
>拡大画像 西国街道の案内板
>拡大画像 国府寺家本陣跡の案内板
白鷺橋交差点で国道2号を横断し、東に姫路城を見ながら堀端を100mほど北上すれば、姫路城の車門跡のところに西国街道の新しい道標があり、それに従って左折します。

1106.白鷺橋交差点

1107.ここを左折
>拡大画像 車門跡の案内板
姫路城の西の旧街道沿いは龍野町。羽柴秀吉が楽市を許可した町で、この近辺は姫路の中でも最も古い町だそうです。古い街並みが形成されているとまでは言えずとも、弘化元年(1844年)に建てられた初井家住宅を筆頭に、かなり古そうな家が点在し、新旧混在の街並みとなっています。

1108.初井家住宅

1109.まさに新旧混在
>拡大画像 龍野町の案内板
薬師山の丘陵に突き当たると左折し、山の南麓を取り巻くように進んでいきます。薬師山トンネルの南入口にあたる1111の写真の地点では横断すべき道路の車線が柵で分離されているので、いったん国道2号の車崎東交差点に出て道路を横断し、写真奥の道へ進んでいきます。

1110.丘陵にあたると左折

1111.国道までちょっと迂回
旧街道の道筋は国道2号の少し北を一直線です。姫路の城下町は薬師山の南までと思われ、車崎地区や神子岡前地区では古い建造物がほとんど見られなくなりますが、郊外に出ても住宅街がずっと連続しています。東今宿交差点を過ぎても状況は相変わらずですが、少しは古い家屋も見られるようになってきて、姫路城下町とは別の独立した村が古くからあったことがわかります。そしてその証拠として高岡市民広場の脇には「高岡村道路元標」が残されています。

1112.水尾川を渡れば一直線の道

1113.東今宿では古い家屋も少し残る

1114.高岡村道路元標
今宿西交差点のすぐ東で国道2号に合流しますが、今宿西交差点にかけて歩道が異様に広くなっていて、昔の道路形状の痕跡だと感じます。続く高岡駅前交差点を過ぎると、国道2号は高架橋となって姫新線の線路を乗り越えます。この姫新線は中国地方の内陸部を縦断して姫路と新見を結ぶ鉄道路線で、これから勝山までの100km以上にわたって出雲街道に並行していくという出雲街道歩きの前半に欠かすことのできない交通機関です。

1115.国道に合流

1116.姫新線を越える
姫新線の跨線橋を下ったところにある西今宿1丁目交差点では斜め右への分岐で下手野地区に入っていきます。下手野はこれから歩いていく出雲街道の分岐点だっただけあって旧街道らしい雰囲気が色濃く残されています。

1117.斜め右で下手野へ

1118.下手野の旧家(米穀店)
●下手野の道標
出雲街道の分岐点には、圓光大師二十五霊場の道標が立っています。圓光大師とは浄土宗の開祖として知られる法然のことで、その生誕地である美作国の誕生寺が案内されています。また、この道標は明和4年(1767年)のもので、これから出雲街道で見ていく道標の中でもかなり古い部類に入ります。

1119.下手野の道標
出雲街道の分岐点の道標は夢前川の右岸の青山地区にもあるので、そこに立ち寄るため、もうしばらく西国街道を歩いていくことにします。下手野の道標のすぐ西には西国街道の一里塚の跡があり、続いて大きな金毘羅石灯籠も見られるなど、夢前川にぶつかるまで旧街道らしさが楽しめる道が続きます。

1120.下手野の一里塚跡

1121.金毘羅石灯籠
夢前川にぶつかれば、少し南にある国道2号の夢前橋で川を渡り、夢前橋西詰交差点を右折して青山の道標を目指します。下手野の旧街道も青山の旧街道も国道より少し北にあるため、旧街道時代に川を渡っていた地点は現在の夢前橋の少し北であったことが容易に想像できます。

1122.夢前橋を渡る

1123.夢前橋西詰交差点
●青山の道標
青山の道標には「右 因州 伯州 作州 雲州往来」という文字が刻まれ、ここから中国山地を越えて山陰地方に行くという気分を盛り上げてくれます。別の角度から見たら、「左 備前 九州 金毘羅 宮嶋往来」で、まさにここが山陽地方への道と山陰地方への道の分岐点だということがわかる道標です。

1124.青山の道標
東から来た場合、夢前橋を渡らずに下手野から北上するのが一般的だったようなので、遠回りにはなりますが下手野の道標まで戻って出雲街道に入ります。道標からはまず県道516号を北上していき、清淳地蔵の地蔵堂を見て、姫新線の向畑踏切を渡ります。

1125.清淳地蔵堂

1126.向畑踏切を渡る
全く旧街道らしくない住宅地の中をさらに北上し、県道516号よりもはるかに自動車の交通量が多い道路を横断すると、夢前川にぶつかります。

1127.これでも県道であり旧街道

1128.道路を横断して夢前川の堤防へ
ここで出会う夢前川は夢前橋付近と比べて明らかに細く水量も少なくなっています。これは支流の菅生川が分かれたためで、出雲街道に関する江戸時代後期の資料を見ても、私の知る限りのすべての資料において、出雲街道は西国街道から分岐してから飾西宿までの間で立て続けに2回川を渡っています。今後何カ所かでご紹介していくことになりますが、旧街道はなるべく川を渡らなくて済むようなコースを選んでいることが多いので、このような例は珍しいと言えますが、資料をよく見るとこの2つの川は徒歩で渡っていたことになっており、川が細く浅くなって歩いてでも渡れる地点を選んで渡っていたことが推測できます。現在もこの地点には橋は架けられておらず、上流の手野橋まで迂回して夢前川を渡ります。

1129.夢前川を渡っていた地点

1130.手野橋まで迂回
手野橋を渡ると左折して、夢前川と菅生川が合流する地点近くまで戻るように歩き、1131の写真の地点を右折します。この道は下手野から辿ってきた県道516号の延長線上にあります。この付近では相変わらず新しい家の多い住宅街の中を行き、これといった史跡も痕跡も見られません。旧街道はまたすぐに菅生川を渡っていたはずなので、大白書中学校のところで左折して大白書橋で菅生川を渡り、続いて余部駅前交差点を右折、県道724号に入って進路を北に戻します。

1131.対岸まで戻って右折

1132.大白書中学校のところで左折

1133.菅生川を渡る

1134.余部駅前交差点
余部駅前から300mほど北上すれば、変則的な形状の飾西交差点があり、ここでは引き続き菅生川沿いに続く県道411号の方に入り、またすぐに斜め左の道に入っていきます。飾西公民館の前には「余部村道路元標」も残されており、下手野や青山を出てから初めて旧街道らしい雰囲気になってきます。

1135.飾西交差点は右

1136.続いて斜め左

1137.余部村道路元標

1138.旧街道らしい雰囲気に
1139の写真の地点では三角形になった道路の真ん中に1軒だけ新しい住宅があります。ちょうど菅生川の左岸にある飾西大年神社の参道が接続する地点です。さらに150mほど北上したところにある交差点には、中央に円形の花壇があります。どのような経緯でこのようなことになったのかはわかりませんが、古い道筋を活用して道路を整備した結果であるとは言えるでしょう。

1139.参道と旧街道の接続地点?

1140.花壇と道標のある交差点
●飾西の道標
1140の写真の交差点の花壇の脇には道標があります。旧街道の道筋としてはここを左折して飾西宿の街並みに入っていきますが、さらに100mほど北の交差点にも昭和4年(1929年)の道標が残されています。いずれも案内される行先は「姫路」「書写山」等で、書写山円教寺もここから直線距離で3km程度です。青山、下手野、飾西と早くも4つの道標をご紹介しましたが、長い出雲街道の道のりの中でも道標がこれほど多く集中しているのはこの一帯くらいで、歴史的に西国街道と出雲街道の分岐点あるいは書写山円教寺の玄関口にあたる交通拠点であったことが、現在もはっきりと感じ取ることができます。

1141.飾西の道標

1142.少し北にもう一つ
>拡大画像 白鳥校区史蹟案内図
●飾西宿
出雲街道で最初の宿場町である飾西宿の街並みに入ると、いかにも旧街道らしい道路が続いています。姫路に近い都市郊外のためか、あまり宿場町としての規模は大きくないようで、新しい建物も割合も高いですが、それでも本陣の跡など、歴史を感じる建物や史跡も点在しています。

1143.本陣の門

1144.飾西宿の街並み
 
1145.播州屋台が練る祭もある
2.飾西から觜崎へ >>
●地名、人名等の読み方
 ・飾西=しきさい
 ・船場川=せんばがわ
 ・白鷺橋=はくろばし
 ・羽柴秀吉=はしばひでよし
 ・弘化=こうか
 ・神子岡前=みこおかまえ
 ・姫新線=きしんせん
 ・新見=にいみ
 ・圓光大師=えんこうだいし
 ・法然=ほうねん
 ・美作=みまさか
 ・夢前=ゆめさき
 ・金毘羅=こんぴら
 ・因州=いんしゅう
 ・伯州=はくしゅう
 ・作州=さくしゅう
 ・雲州=うんしゅう
 ・備前=びぜん
 ・明和=めいわ
 ・向畑=むこうはた

●参考資料
 たつの市立埋蔵文化財センター図録10「因幡街道 〜山陰と山陽を結ぶ道〜」

●取材日
 2014.8.19
 2015.1.19/8.23
 2017.10.1
 2018.8.19/9.11
▲ページトップ
inserted by FC2 system