トップページ > 出雲街道の道のり > 3-1.美作土居駅→江見→美作江見駅
3-1.美作土居駅→江見→美作江見駅
美作・勝央エリア この区間の地図
<2-5-2.萬ノ乢→美作土居駅 3-2.美作江見駅→楢原→美作インターBS>
●土居一里塚
土居宿を出ると山家川を渡り、その先で国道に復帰する直前には一里塚があります。全国の旧街道に整備された一里塚も姿を消したものが多い中、この一里塚ではいったん伐採された北塚の松、南塚の榎が昭和47年(1972年)に植えなおされ、それから40年以上の歳月が江戸時代以来の姿を復活させています。なお、平成31年(2019年)に南塚の榎の枝は一時伐採されています。

2101.土居一里塚

2102.北の松塚

2103.南の榎塚
>拡大画像 一里塚の案内板
土居からしばらくは山家川に沿った国道を進みます。2104の写真で山が削られていることから想像できるように、これは新しい道筋で、旧街道は国道沿いにある供養塔のあたりから少し山の中に入っていたようですが、現在では通行できません。

2104.しばらく国道を行く

2105.供養塔
竹田地区に入り、最初の落合集落では西側の山沿いに旧街道と考えて間違いない道を発見できますが、どこから入ってみても柵が設置されるなどして進入または通り抜けができません。平成21年(2009年)の台風9号では佐用だけでなくこの辺りにも大きな被害を与えたため、河川改修や土砂災害防止の工事が行われており、供養塔が真新しい土台に立て直されているのも発見できます。次の杉ヶ市集落では集落内を通り抜ける道が存在しますが、これは新しい道だそうです。作東インターや作東工業団地の開発と関連してか、田園も整然と整備されており、それはそれで美しい眺めですが、旧街道らしさはありません。

2106.左の土手の上と思われますが…

2107.移設された供養塔

2108.杉ヶ市集落内の道
 
上福原地区に入れば2109の写真の地点を左折し、またすぐに右折すれば国道の一本南に旧街道が復活しますが、地図上では道であっても電気柵に阻まれて迂回を強いられる場所もあります。旧街道の風情を感じる間もなく国道に戻されることの繰り返しで歯がゆく感じますが、上福原地区の最後には史跡が集中しています。そこだけを歩こうとすれば、出雲街道のより古い道筋である杉坂峠方面への道路(県道365号)との交差点のすぐ東側から南に入れば、見どころの多いところのみを歩けます。

2109.上福原地区に入ると左折

2110.旧街道が復活しますが…

2111.電気柵に阻まれる
電気柵を迂回した先に戻れば、右前方の小高い丘に天王山城跡があります。2112の写真の地点で道は左にカーブしていますが、正面へ未舗装の道路もあります。いずれも旧街道の道筋と思われ、六十六部供養塔と地蔵堂が背中合わせになって、それぞれの道の方を向いているのが珍しいです。正面の土道はすぐに途切れるので、舗装道路の方へ進み、小さな集落を通り抜けると城近坂と呼ばれる坂を下っていきます。

2112.天王山城跡付近

2113.六十六部供養塔

2114.地蔵堂

2115.城近坂を下る
●津山元標里程標
城近坂を下る途中で振り返れば津山元標六里の里程標が見えます。これは明治の初めに津山の大橋に設けられた元標を基準に整備されたこの里程標です。明治時代の道標と言えば、兵庫県では自治体道路元標が多数残されていましたが、岡山県に入ると出雲街道沿いでは全滅、ごく少数が沿線外の町村にあるのみであるのに対し、このような主要都市に置かれた元標基準の里程標は兵庫県では見られなかったものの岡山県には多く残されており、県ごとの道路政策や史跡保存の考え方の違いが読み取れます。また、江戸時代の一里塚と同様の役割を果たしている里程標であっても、街道の道筋の変遷や測量技術の向上によって、江戸時代の一里塚とは設置場所に大きな誤差があるのも興味深い点です。

2116.津山元標六里
坂道を下り終えて国道に戻るところには南東から下ってきた城近坂とその先の警固屋坂を案内する新しい道標がありますが、警固屋坂の方はここで接続するもう一つの坂道ではありません。国道を100mほど西へ行き、国道が地形に沿ってカーブする地点から斜め左に分岐する坂道に入ります。

2117.新しい道標

2118.100mほど西で左の坂へ
江見市街東方の小さな丘越えは山家川と国道が迂回しているだけあって、かなり急な坂です。頂上には北向地蔵尊があり、またすぐに警固屋坂を下って江見の市街に入っていきます。下りきったところにある商店の直前には江見の一里塚がありました。

2119.北向地蔵尊

2120.警固屋坂を下る

2121.古そうな石造物も

2122.江見市街の直前に一里塚があった
旧作東町の中心地区である江見では、国道の一本南側に旧道と思われる道があり、古くから栄えた街という感じがします。少し南に入って作東公民館まで行けば、その前には移設された道標も展示されています。一方、北の国道沿いは新しい市街で、江見商業高校の閉校などの要因を受けてやや寂しい感じがしますが、それでも営業している店舗が数多く集まっている場所は久しぶりです。

2123.江見の旧道沿い

2124.作東公民館前の道標(移設)

2125.江見の国道沿い
 
江見市街を過ぎると吉野川を渡ります。旧道の橋と国道の橋が100mも離れずに並んでいて、名前はどちらも同じ大還橋です。続いて姫新線の江見踏切を渡れば、目の前に国道があり、そこに復帰していくような形に見えますが、国道の直前で左折して用水路沿いの道に入ります。この付近では旧街道の道筋は国道の南にあるその旧道よりもさらに南にあり、わずかな区間ではありますが、街の通りの裏に旧街道がひっそりと残されていることがわかります。

2126.新旧の大還橋

2127.国道の直前で左へ

2128.旧街道の道筋はひっそりと残る
国道に戻ればまもなく美作江見駅で、ここも美作土居駅と同じく古い木造駅舎が残されていてCMのロケ地にもなった駅です。美作国(岡山県北部)には懐かしい雰囲気を残す駅や鉄道施設が多く、津山駅にある蒸気機関車時代からの扇形機関車庫が「津山まなびの鉄道館」となっているほか、姫新線、津山線、因美線で臨時運行されるイベント列車も古い木造駅舎を持つ駅で長時間停車するダイヤが組まれていて、鉄道ファンのみならず一般観光客にも人気を集めています。

2129.美作江見駅

2130.姫新線全通45年記念碑
<2-5-2.萬ノ乢→美作土居駅 3-2.美作江見駅→楢原→美作インターBS>
  • ●地名、人名等の読み方
    •  山家川=やまやがわ
    •  警固屋坂=けごやさか
    •  作東=さくとう
    •  大還橋=だいかんばし
    •  因美線=いんびせん
          
  • ●関連ページ       
  • ●参考資料
    •  巌津政右衛門「岡山の道しるべ」
    •  片山薫「岡山の出雲街道」
    •  美作地域歴史研究連絡協議会「美作の道標 元禄道標と津山元標」
    •  美作地域歴史研究連絡協議会「美作の道標と出雲往来一里塚」
          
  • ●取材日
    •  2014.9.23
    •  2015.10.9
    •  2016.10.9
    •  2018.6.13/12.8
    •  2019.4.28
▲ページトップ
inserted by FC2 system