トップページ > 当サイトについて
1.当サイトのコーナーについて
2.当サイトの運営について
3.当サイトへの思いについて
4.管理者について
5.当サイトへのご連絡について
「出雲街道を歩こう」サイトにアクセスしてくださり、そして「出雲街道」や「大山道」に興味を持っていただき、ありがとうございます。当サイトは出雲街道と大山道という古道歩きをメインテーマとしたサイトで、自らの古道歩きの記録を公開するだけでなく、多くの人に出雲街道や大山道とその沿線地域の魅力に触れていただき、地域おこしの一助となるサイトを目指しています。
1.当サイトのコーナーについて

出雲街道とは?
出雲街道と沿線地域の概要と魅力を、当サイトなりの切り口でご紹介しています。

出雲街道の道のり
メインコーナー。姫路から出雲までの道のりを、実際に訪れた際に撮った多数の写真でご紹介します。今後も繰り返し現地を訪れ、内容を充実させていきます。

出雲街道マップ
街道歩きに役立つマップの作成を進めています。「出雲街道の道のり」と2大コーナーにしていくつもりです。
完成までには時間を要しますが、まず「ルートラボ」を活用して作成していきます。

街道歩きサポート
距離の目安や交通アクセスなどのコーナー。街道歩きをする際の参考にご利用ください。

地域の皆様とともに
地元の皆様方の主催する古道歩きのイベントに参加したとき等の記録をご紹介します。

その他コンテンツ(準備中)
「出雲街道の道のり」でご紹介したルート以外の出雲街道ルートのご紹介や、独立コーナーにするほどではない「小ネタ」など。 

だいせんみちを歩こう
日本最大の牛馬市が開かれていた大山へ向かう古道をご紹介します。当面は、「出雲街道の道のり」と同様のページを作成いたします。
2.当サイトの運営について
 当サイトは個人サイトです。大筋としては自らの古道歩きをしたときの写真と気づいたことや考えたことを記載しておりますので、資料としての正確性は保証できません。写真は特記のものを除き、現地で撮影したものを使用しているので間違いはありませんが、文章では「○○かもしれません」「○○と思われます」といった言い回しを多用しており、それらは断定することのできない事柄ですので注意してください。
 古道歩きの記録や写真を公開したサイトはブログを中心に多数あり、出雲街道や大山道を取り上げたものもいくつかありますが、当サイトは一度きり歩いただけで完結させることなく、繰り返し現地を訪れることにより、サイト内のいったん作成したページも繰り返し更新し、内容の充実と正確性の向上に努めてまいります。
 また、現地で地元の皆様、とりわけ出雲街道などの地域の古道の保存活用に関する活動をされている皆様とも可能な範囲で接点を持ち、そのお話を拝聴してサイト運営に生かしてまいります。当サイトでは歴史的事実をご紹介すること以上に、地域に伝わる固有の歴史や文化、人々の生き様を伝えていくこと、そして当サイトをご覧の皆様に地域を歩いて巡る楽しさを伝えていくことにウエイトを置いて運営していきたいと思っています。
3.当サイトへの思いについて
 出雲街道や大山道の沿線は過疎化と高齢化が進み、「地方消滅」の可能性が指摘される自治体も数多い地域です。出雲街道や大山道を歩いていても道が草木に埋もれて歩きづらい部分も多く、せっかくの史跡やその案内板も同様です。
 しかし、地域の人達はとても元気で、地域に誇りを持っています。岡山県の美作市土居や真庭市勝山では高齢者がほとんどと思われる出雲街道の保存活用に関する団体が出雲街道の道を直し、看板を立ててくださっています。鳥取県日野郡では地元の有志によるイベントが観光のメインコンテンツと言えるほどになっています。これらの活動は基本的には地域の元気な人達の「志」によって成り立っています。今日も兵庫、岡山、鳥取、島根の田舎で、地元の元気な人達が地域のために汗を流しています。
 私は、この地域の人達の思いを受けて、地域固有の自然や歴史、文化を発信することにより、出雲街道などの地域の古道を新たなる観光ルートとして育てていくことに微力を尽くします。
4.管理者について
 昭和56年 岡山県津山市生まれ(ただし津山在住は9歳まで)
 最大の趣味は野球観戦(北海道日本ハムファイターズファン)
 好きなものは小さい子ども、地図、岡山県北部・鳥取県・島根県
 地理歴史については、専門家ではなくマニアです
 関西に本社を置く某大企業のグループ会社でフルタイムで働いています
5.当サイトへのご連絡について
 facebookページを始めておりますので、ご活用ください。
 メールをご利用される場合 route179181@yahoo.co.jp
▲ページトップ
inserted by FC2 system