トップページ > 出雲街道の道のり > 9-2.安来駅→安来宿→荒島駅
9-2.安来駅→安来宿→荒島駅
安来・松江東部エリア この区間の地図
<9-1.吉佐BS→安来駅 9-3.荒島駅→下意東→揖屋駅>
●安来宿1
旧街道の道筋は安来駅の駅前広場を通って西の駐輪場の方に続いており、裏道を抜けて国道に戻ったところには語臣猪麻呂像があり、その南西に広がる空地は安来宿の本陣となっていた屋敷の跡です。語臣猪麻呂像の案内板には「出雲国風土記」にも記された安来の地名の由来と伝統の神事の由来が記されていますが、この「月の輪神事」は記録が残り、現在も続いている祭の中では全国最古のものです。国道をしばらく西へ進むと、陶芸家の河井寛次郎の生誕地の碑もあります。

4401.語臣猪麻呂の像と本陣跡

4402.駐輪場の脇が旧街道の道筋

4403.河井寛次郎生誕地の碑
>拡大画像 語臣猪麻呂像の案内板
日立坂下、東小路の交差点を過ぎ、西小路交差点の手前の銀行には旧安来銀行本店のレンガ造りの門が保存されています。旧街道の道筋は西小路交差点を左折ですが、右折する道もかつて安来港へのメインストリートだった西灘通りで、この界隈はまさに安来の中心地だったと言える場所です。交差点の北西側には昭和初期の和風建築で営業を続ける料亭の山常楼もあります。

4404.旧安来銀行本店の門

4405.西小路交差点を左折
●安来宿2
西小路交差点を南に入ると、旧天界酒造、そして県指定の有形文化財となっている商家の並河家住宅と、古くて大きな建物が多く見られます。その先の突き当たりを右折すると、安来宿の後半は中市場、そして大市場という商店街になります。現在では賑わっているとは言えない状態にはなっていますが、やはり原本家住宅などの古い建物が残されていて、多少は宿場町らしい雰囲気を醸し出しています。中でも核となるのが「やすぎ懐古館一風亭」で、明治時代に建てられた商家(旧鎌田商店)の内部が見学できるだけでなく、市民が使用するイベントスペースとなっているため、様々なイベントも開催されています。

4406.並河家住宅

4407.原本家住宅

4408.やすぎ懐古館一風亭
>拡大画像 原本家住宅の案内板
商店街が終わると木戸川にぶつかり、そこを左折して山陰本線の線路まで少し南下します。その途中にある地蔵堂には清水寺への道標を兼ねた地蔵が祀られています。木戸川を渡り、市街の中の細い道をすり抜けて県道45号を横断します。商店街からそのまま西進する方が近いのですが、後述する一里塚が旧国道の一本南にあるため、その方が旧街道の道筋に近い道を歩いていることになります。

4409.清水寺を指す道標地蔵

4410.山陰本線のすぐ北で右折

4411.木戸川を渡る

4412.県道45号を横断
●安来一里塚
県道45号と交差して旧国道の一本南の道を進めば、安来一里塚があります。これまでも一里塚の跡は多く見てきましたが、ここは国の史跡に指定されている一里塚で、道の両側に植えなおされた松があり、今なお一里塚の体裁を保っています。案内板の写真にあるように、往時は松がまさに目印と呼ぶにふさわしいほど大きく育っていたようです。

4413.安来一里塚
>拡大画像 安来一里塚の案内板
安来からは約5kmにわたって旧国道沿いを歩くことになり、伯太川を安来大橋で渡ると、平坦な一直線の道が1km以上続きます。旧国道だけに古い道の雰囲気が少しはあるのですが、史跡は南にある伊勢神社を案内する道標がひっそりと残されている程度で、旧街道もこの旧国道にほとんど吸収されて、史跡とともに消失してしまっていると思われます。

4414.伯太川を渡る

4415.一直線に続く旧国道

4416.伊勢神社の道標
4417の写真の地点では電柱の陰に隠れてまず気づかない細道が斜め右に分岐しており、小さな神社の前に出るまで、ごく細い路地裏の道として旧街道の道筋が生き残っています。この付近は圃場整備が行われていますが、旧国道沿いにある「模範耕地整理」の記念碑は明治44年(1911年)のもので、戦後の圃場整備ほどは徹底されていないように感じられます。それが微妙に旧街道が残っている要因となっていると言えるでしょう。

4417.電柱の後ろ!

4418.これが旧街道

4419.神社の前に出てくる

4420.模範耕地整理の碑
そのまま旧国道の一本北を飯梨川の堤防まで行き、旧国道の飯梨橋で飯梨川を渡りますが、旧街道の道筋は変わらず旧国道の少し北に続いていると思われるので、堤防を下り終えると赤江小学校と赤江保育園の前で右折し、小学校と保育園の間の道に入ります。

4421.飯梨川を渡る

4422.赤江小学校の前で右折
赤江小学校を過ぎれば旧街道の道筋が復活します。微妙に屈曲しながら進んでいく途中には旧赤江村役場の建物を利用した安来市立民俗資料館や地蔵などがあり、ほんの200mほどの間ですが、旧街道の雰囲気を感じられる道が残されています。

4423.ここから旧街道が残る

4424.安来市立民俗資料館

4425.なぜ顔が描かれている?

4426.わずかながらも旧街道らしい
>拡大画像 赤江地区の案内板
旧国道に戻って200mほど、山陰本線の赤江踏切の手前にある4427の写真の地点で右折し、またすぐに左折します。広い田園地帯に出る直前には旧赤江村高等小学校跡の碑があります。

4427.赤江踏切の手前で右折

4428.旧赤江村高等小学校跡の碑
●赤江の汐土手
旧赤江村高等小学校跡の碑の先からは田園地帯を貫く畦道を歩きますが、畦道というには幅が広くなっています。これは「汐土手」と呼ばれる堤防の跡で、通常の堤防ではなく、海水の塩分を含んでいる汽水湖の中海の水を田畑に入り込ませないことを役割としていました。北の方へ新たな農地が大きく広がったため、その役割はなくなっていますが、古くからの農地と新しく開拓された農地の境界線になっています。そしてこの堤防は旧街道の道も兼ねていたので、ここを歩くことは同時に旧街道の道筋を歩くことにもなっています。

4429.赤江の汐土手
赤江の汐土手をしばらく歩いて旧国道に復帰しますが、山陰本線のガードの高さは150cmくらいしかないので、頭をぶつけないように注意してください。旧国道に戻ればまもなく田頼川を渡り、さらに300mほどで広瀬方面へ続く県道180号と交差、さらにそのすぐ先では北の方向へゴミの捨てられた未舗装の道が見えますが、これは荒島と広瀬を結んでいた一畑電気鉄道広瀬線の廃線敷です。

4430.山陰本線をくぐって旧国道に戻る

4431.県道180号と交差

4432.一畑電気鉄道広瀬線の廃線敷
すぐ先の4433の写真の地点で鋭角に右折し、少し戻る形で県道180号をくぐっていく道は本来の旧街道の道筋で、山陰本線の線路の直前に歳徳神のお堂があります。踏切がないので進めるのはここまでですが、ここで農作業をされていた65歳くらいの女性によれば、この道が旧街道で、線路の向こう側に見える家の付近にはかつて大きな松が植えられており、今でも田頼川の手前まで道は続いているとのことでした。

4433.鋭角に右折してみよう

4434.歳徳神のお堂
荒島駅に続く街並みの途中、4435の写真の地点で斜め左にごく細い道があり、ここでもひっそりと残された路地裏の旧街道を歩けます。いったん自動車の通れる道路になりますが、丘陵にぶつかったところで少し北に行けばその続きに入ることができ、荒島駅のすぐ東にある桜地蔵のところに出てきます。余談ながら、私が訪れたときにはちょうど小学生がこの道で遊んでいて、道が人の暮らしの中に溶け込んでいた時代の光景が見られました。都会でも過疎地でもなく、荒島小学校にも近いこの場所に自動車の通らない道が残されているからこそ見られた光景と言えるでしょう。

4435.斜め左に細道が

4436.家並みの間を縫う旧街道

4437.まだ続きがあります

4438.桜地蔵のお堂まで
荒島駅は現在の国道に背を向けている立地条件もあり、一見すると寂しい無人駅ですが、中には荒島地区の史跡などの魅力を発信する掲示物が所狭しと貼られています。この規模の地区にしては珍しいほど充実したパンフレットや、地元の小中学生による荒島史跡探検新聞の入賞作品など色とりどり、まさに市民参加型で歴史による地域おこしを行う先進地と言え、見ているだけでうれしくなります。

4439.荒島駅

4440.駅舎内の掲示物
>拡大画像 荒島地区の案内板
<9-1.吉佐BS→安来駅 9-3.荒島駅→下意東→揖屋駅>
  • ●地名、人名等の読み方
    •  荒島=あらしま
    •  並河家=なびかけ
    •  伯太川=はくたがわ
    •  飯梨川=いいなしがわ
    •  田頼川=たよりがわ
          
  • ●関連ページ       
  • ●参考資料
    •  樹林舎「定本 島根県の歴史街道」
          
  • ●取材日
    •  2015.7.4/7.29
    •  2016.7.15
    •  2017.11.28
    •  2018.10.27/10.28
    •  2019.2.27
▲ページトップ
inserted by FC2 system