トップページ > 出雲街道の道のり > 3-3.美作インターBS→勝間田駅
3-3.美作インターBS→勝間田駅
美作・勝央エリア この区間の地図
<3-2.美作江見駅→楢原→美作インターBS 3-4.勝間田駅→勝間田宿→美作大崎駅>
県道51号を横断すると、そこからはセンターラインもある立派な道路となります。中国自動車道の北側を並行するこの道は勝央町と美作インターの間の近道として幹線道路的性格を持っており、車が高い速度で行き交っています。2301の写真で斜め右に入り、豊国神社の鳥居前に出たあたりから西では集落の裏側にあたる山沿いに旧街道の道筋が続いています。

2301.ここを斜め右へ

2302.豊国神社

2303.山沿いの旧街道
豊国の集落を抜けると右(北)には引谷池があり、その先でいったん先述の広い幹線道路に戻り、また少しだけ残る旧街道を進んでいけば、今度は大砂池があります。美作市やその先の勝央町など、美作国の東部はため池が多いのが地域の特徴となっており、この付近は絵になるほどの農村風景とまでは言えなくとも、いかにも美作国らしい風景が続きます。

2304.美作国らしい風景が続く

2305.斜め右へ

2306.大砂池
 
その大砂池のところでまた広い道路に戻ると平成20年(2008年)に新設された道標があります。本来の旧街道の道筋はこの付近で中国自動車道の南側に出るのですが、通行できる状態ではないので、もう少し西まで現在の道路を進み、2308の写真の交差点を左折して中国自動車道をオーバークロスします。

2307.新設の道標

2308.ここで左へ
●四ツ辻
中国自動車道のすぐ南には「出雲街道 四ツ辻」という新設の道標があります。ここは東西方向の道である出雲街道と岡山と鳥取を結ぶ南北方向の因幡・備前往来が交差していた地点で、標柱には「備前岡山へ十三里」「因幡鳥取へ十四里」と刻まれています。因幡・備前往来は出雲街道や因幡街道ほど有名な街道ではありませんが、鳥取藩と岡山藩は江戸時代に同じ池田家が治めていたこともあって交流が活発で、この街道も盛んに利用されていたようで、その沿線には多数の道標も残されています。

2309.四ツ辻の新設道標
四ツ辻からは中国自動車道のすぐ南側を西へ向かいますが、そこからの道は荒れてしまっています。道筋はわかるので通過することはできますが、次の上相地区に出るまでの約500mの間には特筆すべき史跡もありませんので、よほど旧街道の道筋にこだわるのでなければ、いったん2308の写真の地点まで戻って中国自動車道の北側を迂回する方が良いかもしれません。

2310.荒れた旧街道

2311.マシなところの山道
四ツ辻から続く山道を通り抜け(または迂回し)、上相地区の谷に出ればかつて立派な松が植えられていたという立場跡があり、その先に安政5年(1858年)に時の老中堀田正睦の息子の堀田正倫との婚約のため江戸に向かった松江藩の政姫が休息されたというお姫田があります。それにしても、標柱に書かれた案内によれば、正倫は7歳、政姫は5歳だったそうで、幕末の動乱期とは言え、ほんの160年ほど前にそのような政略結婚が行なわれていたことには驚かされます。

2312.立場跡

2313.お姫田
上相地区の谷を通過すると、急勾配の上り坂で梨木乢と呼ばれる小さな峠を目指します。頂上に近づいて坂が緩やかになるとやはり新設の標柱が整備された鍛冶屋逧の一里塚跡があり、この付近ではカナクソ(製鉄の過程で砂鉄の不純物が固まったもの)も多く発見されているそうです。詳しくは後述しますが、中国山地はたたら製鉄が盛んだったため、このように地名等にその名残が残されている場所が多くあります。さらに頂上付近では弘法大師供養塔や六地蔵が見られるなど、この付近は旧街道らしい雰囲気と地域の歴史が色濃く感じられる道となっています。

2314.梨木乢へ上る

2315.鍛冶屋逧の一里塚跡

2316.弘法大師供養塔

2317.六地蔵
さらに道なりに進んでいくと道路が新しくなり、平成28年(2016年)3月に開通した地域高規格道路である美作岡山道路と中国自動車道をつなぐ勝央ジャンクションをアンダークロスします。真新しい道路が整備されて旧街道の風情も何もありませんが、ここにも「大畑」という小字と思われる地名とともに「古道跡/住宅跡」と刻まれた新設の標柱があります。ここは江戸時代の出雲街道よりも古いと推定される道と住宅の跡が発掘された地点です。はっきりと目に見える史跡が存在した場所でなくても、「こうなること」を見越して標柱を立てて歴史を遺したことは地元のファインプレーだと思います。

2318.美作岡山道路をくぐる場所は…

2319.大畑の古道、住宅跡
美作岡山道路をくぐると右折、さらに突き当たりを右折して中国自動車道をくぐって左折という順で勝央町に入ります。新しい自動車専用道路が開通したばかりなので、この付近では少し古い地図には掲載されていない道を行くことになりますが、「おかやまファーマーズマーケット ノースヴィレッジ」を目指すことを意識して進んでください。

2320.美作岡山道路の先を右折

2321.中国自動車道をくぐって勝央町へ
「おかやまファーマーズマーケット ノースヴィレッジ」は名前の通り広大な農業公園で、家族で休日を過ごすのに最適な施設です。道路沿いには出雲街道を紹介する案内板があり、内容に若干の間違いがあることが気にかかりますが、ファミリー層向けにわかりやすく地域の歴史を紹介しようというのはとても良いことだと思います。

2322.ノースヴィレッジのエントランス

2323.ノースヴィレッジの内部
>拡大画像 ノースヴィレッジの出雲街道の案内板
後世の開発によって旧街道が失われた状況はもうしばらく続きますが、田舎の旧街道らしい雰囲気を感じられる道を選ぶことも十分可能なのがこの付近の特徴です。美作市の北山地区から続いている幹線道路を引き続き進んでも良いのですが、2324の写真の地点で左折して一本東の道路を歩く方がオススメです。2325の写真の交差点を右折し、また道路を横断して正面に下っていけば姿見橋の跡です。

2324.ここで左折

2325.ここで右折

2326.直進すれば姿見橋の碑
●姿見橋
姿見橋は先にご紹介した笠懸の森と同様、後醍醐天皇の隠岐配流ゆかりの伝承が残された場所です。現在は伝承に残る池もなく、石碑と案内板があるのみですが、ここで後醍醐天皇が池の水面にそのお姿を映されたと言われています。ところで、このような後醍醐天皇ゆかりの伝承は出雲街道沿線に多数存在していますが、この姿見橋とは一本のルートで結べないような場所(美咲町など)にも似たような伝説が語られる場所があります。伝承の域を出ないこれらの史跡群を巡り、自分なりに後醍醐天皇の配流ルートを推定してみるのも出雲街道の楽しみ方の一つです。

2327.姿見橋の碑
>拡大画像 姿見橋の案内板
姿見橋の碑から南に見える岡地区の集落を通り抜けて勝間田へ進んでいくこともできますが、旧街道の史跡としてさらに道標地蔵もあるので、いったん2326の写真の地点に戻って、少し下ったところから斜め左の道に入ります。このような形で進まないと両方の史跡を見られないのは、時代により街道の道筋が微妙に変わり、さらに後世の開発によって史跡が移設された結果で、時代による道の変化を感じます。

2328.みちしるべ地蔵には斜め左
●岡のみちしるべ地蔵
坂道を下ったところにある岡の地蔵は「左 かみや 右 くらしき」と刻まれ、道標の役割を果たしています。案内板にも記されているように、この付近にはかつて池があり、その埋め立てや道路整備の結果として現在の姿で保存されています。

2329.岡のみちしるべ地蔵
>拡大画像 岡のみちしるべ地蔵の案内板
道標地蔵の西側の交差点からは斜め右に旧街道の道筋が復活します。岡地区は姿見橋や道標地蔵だけでなく、史跡がまだまだたくさんある地区で、旧街道の坂道を上っていくと岡神社があり、そこからも石仏や供養塔などが多く見られます。そして「岡地区史蹟保存会」がその歴史を残すべく活発に活動されておられるのも印象的です。

2330.斜め右で丘陵の方へ

2331.岡神社

2332.石仏や供養塔が多く残る

2333.広い道路に合流
>拡大画像 岡神社の案内板
>拡大画像 岡地方史跡案内図
●湯大明神
坂道を下って、広い田園地帯を貫く現在の道路に戻りますが、北には「湯大明神」と記された幟が立てられているのが見えます。そこに立ち寄れば文殊菩薩と薬師如来の仏像があります。圃場整備によって移設されてきた仏像ではありますが、最近の研究により、文殊菩薩の方に「湯大明神」という文字が彫られていること、また、古い街道の絵図にもこの付近の「御湯」という記載があることがわかり、勝間田宿の北東にはかつて温泉が湧いていたことが明らかになりました。

2334.湯大明神
2335の写真の交差点を直進すると道は狭くなり、まだ勝間田宿には入っていないものの、比較的古くから市街化していたと想像できるような家並みが続くようになります。勝間田駅から北へ向かう県道67号と交差するといよいよ勝間田宿の中心部で、ここから道路の舗装は石畳風になります。

2335.直進の狭い道へ

2336.石畳風の舗装になる
勝間田宿に入る前に勝間田駅に立ち寄れば、令和3年(2021年)に建て替えられたばかりの駅舎に迎えられます。最近、JR西日本の駅では老朽化した駅舎が解体され、簡易な待合室だけになってしまう例が多いのですが、ここは出雲街道の「美作七宿」をイメージした立派な駅舎となりました。勝央町は勝間田宿の街並みで毎年9月に開催される「街道祭」を筆頭にイベントも多く、「勝田郡・勝央町・勝間田」という地名を活かした「勝ブランド」展開など、町の取り組みが積極的で元気なイメージを感じられる町となっています。余談ながら、戦時中にはわざわざ「勝つまで」駅から出征したとのエピソードがありますが、隣の駅は「早死のう」駅なので、当時の人々の切実な本音がこもった縁起担ぎだったと言えます。

2337.勝間田駅
>拡大画像 出雲街道と勝間田宿(美作七宿)の案内板
<3-2.美作江見駅→楢原→美作インターBS 3-4.勝間田駅→勝間田宿→美作大崎駅>
  • ●地名、人名等の読み方
    •  勝央町=しょうおうちょう
    •  上相=かみや
    •  船渡=ふなと
    •  堀田正睦=ほったまさよし
    •  堀田正倫=ほったまさとも
    •  鍛冶屋逧=かじやざこ
          
  • ●関連ページ       
  • ●参考資料
    •  美作地域歴史研究連絡協議会「美作の道標と出雲往来一里塚」
    •  美作地域歴史研究連絡協議会「美作の因幡・備前往来をたどる」
    •  勝央町文化財保護員会「勝央町の交通」
    •  岡山県文化財保護協会「岡山県歴史の道調査報告書第四集 出雲往来」
          
  • ●取材日
    •  2014.9.23
    •  2016.5.3
    •  2018.4.11/9.12
    •  2019.6.24
    •  2020.9.27/10.5
    •  2021.3.24
▲ページトップ
inserted by FC2 system